和装結婚式の魅力は日本人らしい美しい着物

和装での結婚式

新郎新婦

結婚式の二次会の幹事代行を依頼するならタレント司会も依頼できるこちらへ。テレビでも活躍中の有名芸人勢揃いでおすすめですよ!

招待客を楽しませるウェルカムボードを作りませんか?結婚式で似顔絵を作るなら、絵描きのプロが魅力的に仕上げます。

冠婚葬祭の中でも結婚式は特に華やかです。
結婚式や披露宴では和装をすることが多く、華やかな着物は新郎新婦をとても美しく荘厳に見せます。
和のテイストを取り入れた結婚式はどれも本格的で日本人らしいものです。
近年は日本の伝統を継承しつつ、モダンなテイストを織り交ぜたような着物も人気があります。
和洋コラボで二人のオリジナリティあふれる演出を行うことや、二人によく似合うような着物や髪型を選ぶ人も多いようです。

日本の花嫁衣装の代表的なものは、白無垢です。白い美しい着物は伝統的なもので、両親や祖父母の涙を誘うものでもあります。
花嫁の無垢な純真を表し、嫁ぎ先の色に染まるという意味があります。
角隠しをつけて、神前挙式に出ることが一般的です。
また、色打ち掛けという和装もあります。
色打ち掛けは、白以外の打掛のことで掛け下の上に鮮やかなものをはおります。
近年はオーガンジー素材の可愛らしい打掛が人気です。
また、振り袖は未婚女性が着るものなので、振り袖を着るのが結婚式では最後になります。
裾をひきずるように着けた引き振袖も人気で、角隠しをつけて披露宴を行う人も多いようです。

和装には数多くのシンボルが使われています。
古来から日本人は着物の中にも自然を取り入れて、美しさを楽しんでいました。
季節感を大切にする日本人ならではの感性で、花や動物をモチーフにしています。
結婚式で着る和装でも意味合いがとてもピッタリのものがいくつかあります。
鶴は、長生きの象徴で生涯つがいで生活すると言われています。夫婦が仲睦まじく、末永く生活していくという意味でも着物に取り入れられることが多いようです。
また、貝桶はバラバラにした貝殻の中から一対の貝を当てるという江戸時代の遊びから、運命の相手と巡り会えた花嫁の着物にピッタリです。

素敵なロケーションで結婚式を挙げたいならハワイで結婚式を行いませんか?こちらの業者がサポートしてくれますよ。

花嫁と花婿 必要な小物

和装で結婚式を行う場合、ドレスのようにたくさんの専用小物を使用します。末広と呼ばれるセンスや懐剣、はこせこやかかえ帯などは和装の際には欠かせないものです。道具の意味を知ることにより、より和装を楽しむことが出来ます。

指輪と影 会場の色合い

和装の結婚式を行う場合、会場の色合いを確認することも大切です。会場の床や壁が同じような色をしている場合、せっかくの着物が周りと同化し映えなかったという事態を防ぐことができます。

花嫁 柄を選ぶ

和装の結婚式でからを選ぶ際は、自分の体型から選ぶといいでしょう。小柄な人には細かい柄、大柄な人には大ぶり柄が似合うとされています。結婚式の季節感に合わせた柄を選ぶことも大切です。